Photons Art Gallery   logo-クロ.gif 

東京都内で一番安いレンタルギャラリー/27,000円~

なぜ安い!?/ REASONABLE

Photons Art Galleryは都心の駅近ギャラリーにも関わらず、大変リーズナブルな価格設定に致しました。
低価格の秘密についてご理解頂き、上手にギャラリーをご利用頂ければ幸いです。

■作家として安いギャラリーが欲しかった■
お金が無いからカフェギャラリーを使うのではなく、用途に合わせてギャラリーを選びたい。お金が無くたって展示専用のアートギャラリーで展示した方が良い作品は沢山ある。自分がギャラリー選びで苦しんだ経験から、お金が無い若い人にこそ沢山発表の場を作りたいという想いを形を形にしたかったんです。この一念があったからこそ、苦難を乗り越えて低価格ギャラリーの完成に至りました。
■一番負担のかかる人件費を省きました■
弊ギャラリーには基本的にはスタッフが常在しません。これにより、好立地での低価格化を実現しました。学生さんや、フリーランスの方々には最適な条件だと思います。
一方で社会人で休みが取れないという人も多くいらっしゃいます。ご安心下さい。1日につき2,500円でスタッフが在廊致します(事前予約制)。有給休暇を組み合わせたり、友達の力を借りたり、それでも都合がつかない日については、弊ギャラリースタッフを上手にご利用頂けます。
■あえてギャラリーとしては不便な個所が多い建物を選びました■
立地がとても良く本来とても手が出せない価格帯の地域ですが、実は物件に残念な点が沢山あったため、家賃を極力安くして頂きました(不便は固定費削減のための我慢なんです)。レンタル前に残念な点をご承知下さい。
残念な点:階段が狭い上に急です。4階建なのにエレベーターがありません。トイレは1階のみ。天井は1階以外は一般家庭並でギャラリーとしては低い方です。さらには、向かいの建物がパチンコ屋さんの裏口・・・。あぁ、なんて残念極まりない。。。→家賃、最初の提示より大分安くして頂きました(でも高い・・・)。




とっても充実!!/ EXCELLENT

Photons Art Galleryの優れた点は、リーズナブルな点だけではありません。むしろそれは、重要な部分の一つにすぎません。
ギャラリーの長所も十分にご理解の上、ギャラリー選択の候補としてご検討頂ければと思います。

■とにかく安い。だけどそれだけじゃない■
Photons Art Galleryは種々の不便を受容する事で、とても安いギャラリーとなりました。しかし施設費用が安いだけではありません。なんと、弊ギャラリーは、物販におけるマージンを一切頂きません。つまり、売り上げは全て作家の収入となります。Photons Art Galleryはがんばる作家さんを応援したいのです。
■4フロアーあるってことは■
大きなギャラリーや歴史あるギャラリーには、ギャラリーに固定客がついていて付加価値があります。弊ギャラリーは狭いし、生まれたてのギャラリーですが、4フロアーのギャラリーなので、自分以外の展示が目的で来た人も、うっかり自分の展示も見てくれたりします。さらに、他の階の作家と仲良くなることも。そんな付加価値が生まれるギャラリーです。
■各フロアーの内装にこだわりました■
いかに安いギャラリーにするか悩んでいる時に、ある友人が僕に「お得なだけじゃ魅力的じゃない」と言ってくれました。はっとさせられました。コストパフォーマンスで部屋を選ぶのではなく、「自分の作品を展示するための大切な場として選んで頂く」、ギャラリーの原点を改めて自覚しました。そこで、全てのフロアーの床と壁を大胆に工事をしました。個性的な4フロアーが生まれたので、是非ご覧ください。→ 「各フロアー情報
■とにかく駅から近いんです■
秋葉原から1駅。総武線浅草橋駅西口から徒歩30秒です。なんなら秋葉原からも10分程度で歩けます。これまで様々な展示をしてきた自分が一番こだわったのは、駅からのアクセスです。人を呼ぶ場所だから、駅近。安いのに駅近。利便性には自信があります!!
■秘技!一棟借りで自由度がアップ■
各部屋が小さいギャラリーですが、一棟まるっとイベントで利用すればけっこう大きなイベントもできちゃいます。人が多いなら4階をバックヤードにするのも良いアイデアです。一棟借り時は、ご相談の上で利用時間をある程度自由にシフトして頂く事も可能です。例えば夜だけの展示会なんてのも可能になります。
■その他小さな良いところが沢山あります■
すぐ近くにコインパーキングがあります。車で搬入する人にとってとても便利です。コンビニも1分以内に2件あります。エアコンは最新式ですぐ効くしエコです。浅草橋駅東口近くに飲み屋さんが多くあるため、打ち上げも余裕です。オーナーが作家なので、作家側でご相談に乗ります!いいよね!